高校までの友達なんて意味がない【人間関係】

受験生
友達とは仲良くしたいと思ってるけれど、人付き合いに疲れてしまいました。勉強を頑張りたい気持ちと友達との関係も良好な状態でいたい気持ちで混乱しています。どうしたら良いでしょうか?

あなたもこのように人間関係の疲れ
どうしたら良いかと悩んでいませんか?

本記事では、勉強と友達という
単純には比較できないものを
テーマに話していきます。

結論から言うと、
人間関係に疲れたときは、

「勇気を持って距離をおく」

これが1番の解決策です。

本記事の対象
・人付き合いが苦手な人
・友達より勉強を優先したいが関係が崩れるのが怖い人
・人間関係に疲れてしまった人

勇気を持って距離を置く

僕自身、中学、高校と
何回も人間関係に悩まされてきました。

奇数人数のとき、
自分だけが溢れてしまう。

何か隠し事をされている気がする。

自分が相手に合わせようとしても
どうしても上手くいかない。

自分だけ話についていけない。

勉強したいのにカラオケに誘われる。

このようなことが日常的にありました。

そんな時に僕がとった行動が
『距離を置く』ということです。

一見、距離を置くと聞くと、
・社交性がない
・協調性がない
・コミュ力がない
・社会に出たら通用しない

このように言われることがありますが
そんなことは一切ありません。

日本の教育では、
「誰とでも仲良くしなさい」
と教えられ、

そうすることが善とされ、
素晴らしいことだとされてきました。

「誰とでも仲良くする」
聞こえは良いですが、

悪く言うと
「八方美人になれ」ということです。

自分と波長が合わない人には
偽りの自分を作り、
お互いに気力も体力も消耗する。

そういう人間関係って
本当に必要なのでしょうか?

あくまでも僕の見解ですが
そのような人間関係は必要ないと思います。

大学に行けば、ほとんど会わない。

あなたは小学校や中学校の友達と
年に何回会いますか?

同じ高校に進学した、家が近い、
などの理由がなければ
年に数える程しか会わないでしょう。

僕自身、保育園から高校まで一緒だった幼馴染とは
大学に入ってからは1年に1回しか
会っていません。

どんなに仲が良くても
大学が離れてしまえば会いたくても会えない
という状況になります。

それと同時に、
新しい環境で新しい登場人物に
出会います。

新しい人間関係に加えて
仲が良かった人とも
ほとんど会わない。

ということは、高校を卒業すれば
自分と波長が合わない人と
会う機会は0に等しいです。

これから先50年、60年生きていく中で
高校3年間という短い期間に
苦手な人と距離を置いたとしても

あなたの人生にとっては
ほとんど影響を与えません。

自分の人生にそれほど重要ではない人に
頭を悩ませても仕方がなありません。

卒業したらほぼ会わない、
そこで終わる関係なのですから、
人間関係に悩み、ストレスを抱え、

勉強に手がつなかないのは
悲しいことですので
「この人とは卒業したらもう会わないもんな」
と考えてみると気持ちも楽になるでしょう。

時間が解決してくれることもある

距離を置くことは
縁を切ることとは違います。

少しの間だけ関わる回数を減らすこと、
これが距離を置くということです。

そして、意外にも距離を置くことで
お互いに考える時間が生まれ、
時間が関係を改善してくれることもあります。

友達とのLINEでは、
早く返事しなきゃとか
めんどくさいなとか
感じることがあると思います。

そういったときも、
距離を置くことで
時間が解決してくれることがあります。

好きなスポーツやゲームを
しばらくやっていなかったのに
ふとやりたくなる時ってありますよね。

感覚的にはそんなイメージです。

ここまで人間関係の話をしましたが
社会に出てからも
「距離を置く」というのは
うまく関係を築いていくのに有効なテクニックです。

高校生のうちから友達を作らなくてどうする
と言われそうですが、
そんなことは一切ないですし、

林修先生も

「本当に大切な人だけ大切にしたらきっと幸せになれる」
と仰っています。

僕もその通りだと思います。

本当に大切な人を大切に。
苦手な人とは距離を置く。

このことを少し意識してみると
今の煩わしい人間関係も少しは
楽になるのではないでしょうか。

最後まで読んで頂き
ありがとうございました。

 

1日3分で読める受験情報【インスタ】

身の丈にあった勉強法
インスタグラムでは、大学受験情報を毎日配信しています。

・身の丈にあった勉強法
・科学的根拠に基づいた効率的勉強法
・教育経済学の研究
・失敗する受験生の特徴
・塾現場からのリアルな声
・受験メンタル
・オススメの参考書
・TOEICの勉強記録

を中心に勉強に関わる役立つ情報を
発信しています。

おかげさまでフォロワーは2000人を超え
多くの方がこの活動を応援してくださっています。

テクニカルで再現性の低いものではなく
本質重視の方法を伝えています。

自分の頭で考えることのできる
生徒に育てるために
「質問の方法」なども
話しています。

勉強垢さん参加企画などで
一緒に勉強を楽しんでいるので
一度覗いてみてください。

コメントを残す