【メンタル】自信をつけるためのたった1つの方法

生徒A
自分に自信がなくて…
生徒B
自信を持って模試を受けたことがないです。

自信がありませんという相談をよく耳にします。

「自分を信じる」と書く自信ですが
今回はラガーマンから自信をつけるヒントを
もらいましょう。

自信をつけるためのたった1つの方法

現在、日本ではラグビーのW杯が開催されている。

2015年大会で強豪国南アフリカに勝利し、
五郎丸選手のルーティーンが有名になり、

先日まではノーサイド・ゲームという
ドラマでも話題になった。

絵に描いたような話題性作りで
日本開催を迎えたが
今回取り上げるのは

2015年大会で南アフリカに勝利した
日本代表からメンタル術を学びます。

誰にも負けない!と誇れるモノを持つ

誰もが負けると思っていた南アフリカに
日本が勝てたのは偶然ではなく必然であったと
当時の選手たちは語っています。

さらに試合中に選手みんなが
勝てるんちゃうか?
と思っていたそうです。

体格も劣り弱小国だった日本が
どうして勝てるかもしれないと
自信を持つことができたのか?

僕は選手の話を聞いて納得しました。

どの国にもこれだけは負けないと
思えるモノを作ろう!

と決めていたそうです。

その時に決めた1つが『練習量』です。

体格などは遺伝子レベルの話なので
限界がありますが

1日24時間はどの国にいても同じです。

その限られた時間の中で
どの国よりもやると決めて
彼らはそれを実行しました。

そしてその練習量が
彼らの自信に変わったのです。

屈強な人たちを目の前にしても
『あれだけやったんだ』
と自らを信じる糧となりました。

結果として、
終了間際に大逆転し
見事勝利を収めるのです。

これが自信の本質であると
僕は思います。

人が自信を持てるとき、
それは『誰にも負けないと言えるものがあるとき』
なんです。

大学受験でも全く同じ

大学受験でも同じことが言えます。

もちろん天性の才能など
どうしようもないものもあるでしょう。

しかし、日本のラガーマンのように
誰よりも勉強することは
誰にでもできるはずです。

まずはクラスで1番やる、
次は学年で1番やる、
そして志望校を目指すライバルの中で1番やる。

この努力が本番の自信に変わります。

試験会場で座席につき
問題が配られ開始の合図を
静かに待っているとき、

『ここにいる誰よりも勉強したんだ』
という事実が

あなたに戦う勇気と自信を
与えてくれます。

心の拠り所を勉強量で作り出し、
自信を持って本番に望みたいですね。

日本のラガーマンのような
逞しいトライを
あなたにも期待しています。

最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

LINE@で偏差値5UP!!どうしても行きたい大学があるあなたへ。

LINE@限定コンテンツ配信中!

LINE@では、どうしても行きたい大学がある生徒や、
一度は諦めた志望校を再び目指したいが、
偏差値50前後でくすぶっている生徒を対象に、

偏差値55以上を確保し、難関大への土台を築くための
限定コンテンツ(電子書籍・動画)を無料で配布しています。

本質を意識をした勉強法、受験に欠かせないメンタルを
成績が確実に上がるようにプログラムし電子書籍にまとめました。

高1、高2生から自分の人生と本気で向き合い、
本気で受験を頑張るあなたのために、
難関国公立大学合格の戦略を話した動画も限定公開しています。

上記のLINEにもある通り、実際に偏差値を5上げた人が
続出している画期的なコンテンツとなっています。

また、LINE@では受験相談や勉強の質問が可能となっています。
予備校や学校にはできないサービスで成績を上げましょう。

LINE@登録で学べること

・合格する人のメンタル
・確固たる勉強習慣の作り方
・どんな状況でも集中する方法
・本質をついた一生ものの勉強法
・勉強効率を最大化する方法
・受験相談、勉強の質問

などなど、多岐に渡り配信しています。

登録は完全無料ですが、本気度チェックのため、
登録後に簡単なアンケートにご協力して頂いています。(学年や志望校、今の思いなど、3分あれば回答できる内容)

 

【下記のボタンから友達追加できます】

友だち追加

ボタンを押しても追加できない方はこちらのQRコードを
読み込むか、ID検索で追加できます。

ID:@ctf6469j

上記の他にも
YouTube最新動画情報・ブログ記事更新情報・オンライン個別指導塾のご案内など
多岐にわたって配信していきます。

受験相談をはじめ、メンタルの相談にも
頻繁に返信していますので
いつでもご相談ください。

※高校生を対象としているため中学生への返信は行っておりません。

コメントを残す