【理系向け】サクッと8割突破!センター地理の勉強法【共通テスト対応】

受験生
地理は副教科なので対策が遅れています。理系なのでそこまで多くの時間を費やせません。どのように勉強していけば良いですか?

本記事では、理系の地理選択者を対象に
できるだけ時間をかけずに
高得点を狙う方法をお伝えします。

本記事の対象者
・地理選択の理系
・対策が遅れた文系
・8割以上を狙う受験生

地理の全体像を把握する

地理には大きく分けて
『系統地理』『地誌』があります。

系統地理とは『分野別』、
地誌とは『地域別』に内容を
みていくことです。

系統地理
気候、地形、産業、人口などの分野別
地誌
オセアニア、日本、東南アジアなどの地域別

一般的には系統地理から勉強を開始し
地誌へと移行していきます。

地誌編では系統地理で学んだ知識も
多く登場します。

言い換えると、
同じことを別視点で捉えてみよう
という感じです。

地理の勉強の大半は
暗記の側面が強いですが

試験で求められるのは
知識と知識を結びつける力や
知識を活用する力です。

次にその話をしましょう。

地理で問われる力(共通テスト対応)

共通テストへの移行により
知識偏重の試験から
知識の活用が重視された試験へと
変化します。

しかし、センター試験の過去問を
眺めれば分かるように

暗記だけで得点できる
知識偏重の問題は
少ないのです。

共通テストに変わる以前から
地理では判断力・思考力などの
地理的思考力を問う問題が
作成されています。

この点を踏まえると
傾向が大きく変化することは
考えづらいです。

文部科学省は
センター試験での良問の蓄積を
活かして問題を作成すると
公言しています。

つまり、地理に限って言えば
従来通りの対策を行えば
大きくコケることはないでしょう。

サクッと8割に到達する地理勉強法

先述した通り
地理では知識の活用が
問われます。

そのため、参考書を一通り終えただけでは
太刀打ちできる科目ではありません。

地理は60点までは
インプットのみで到達できますが
80点以上の高得点を狙うには
インプットでは限界があります。

知識を活用するには
覚えた知識の使い方を
学ぶのが最も効率的です。

次に具体的な勉強法について
話していきましょう。

step1:系統地理編はとにかくインプット(1ヶ月)

そもそも活用する知識を覚えていなければ
知識の活用もクソもありません。

系統地理編では
とにかく知識をインプット
することを心がけましょう。

地理の現象には必ずと言っていいほど
『原因』があります。

『なぜそうなるのか?』
を常に考えて理解するようにしましょう。

人の脳は理由とセットで覚えた事柄は
忘れにくく思い出しやすいという
性質があります。

その性質を活かし
分かりやすく解説した参考書が
あります。

村瀬のゼロからわかる地理B
・なぜそうなるか(理屈)を徹底解説
・共通テストレベルを網羅
・イラストや図が豊富

(画像をクリックするとアマゾンへ飛びます)

本書は『なぜそうなるか?』を
徹底的に解説してくれます。

地理参考書の鉄板ともなっている
良書ですので1冊持っておくと良いでしょう。

系統地理編の勉強法
・徹底的にインプット
・理由(なぜ?)とセットで覚える

step2:地誌編は地図帳を利用する(1ヶ月)

系統地理編の知識を一通り身につけたら
次は地誌編へと進みます。

ここでは、系統地理編の知識を
別の視点(地域別)で捉え直していきます。

そこで必須アイテムとなるのが
地図帳です。

地域毎の特徴を
地図帳に書き込んでいく勉強法で
視覚的に理解していきます。

地図帳を活用することで
系統地理の知識が整理され
知識同士が結びつきます。

地誌編の勉強法
・地図帳に書き込む
・系統地理編の知識を整理する

地誌編でも系統地理編と同様の参考書が
ありますので利用すると良いでしょう。

(画像をクリックするとアマゾンへ飛びます)

step3:知識を活用できるレベルに引き伸ばす(2〜3週間)

step1とstep2で知識の習得と整理が
完了したら次は得点力を鍛えます。

センター試験は
グラフ・表、データ・統計などの
資料の読み取り問題が7割ほど占めます。

これらを正確に読み取るツールは
系統地理と地誌で学んだ知識です。

これらを活用しながら
問題を解いていきます。

ここで大切なのは
答えを出すことよりも
答えを導く過程です。

どの知識を使って
どのように考えたのか?

問題を解く毎に
答えまでの過程をメモしておくと
復習にも役立ちます。

知識活用の勉強法
・答えを導く過程を大切にする
・どの知識を使いどのように考えるかをメモする

資料の読み取りにフォーカスを当て
問題を解く過程を過去問を用いて
解説してくれる参考書兼問題集が
ありますので

所持しておくと
他の受験生に差をつけることが
できるでしょう。

(画像をクリックするとアマゾンへ飛びます)

本書はあまり知られていませんが
最高のアウトプット本です。

知識があること前提ですので
村瀬本で知識を蓄え
本書でアウトプットすることを推奨します。

step4:過去問をやりまくる(1〜2ヶ月)

知識を身につけ、
知識のの活用法を学んだ後は
過去問をやり込みましょう。

結局、過去問より優れた
問題集はありません。

最低10年分はやりましょう。

グラフや表の読み取り問題が
大半を占める中
先ほど紹介したアウトプット本の
解法がいくつも出てきます。

自分の力だけで
答えを導く訓練を重ねれば
8割の点数も超えてきます。

副教科で足を引っ張らないために
本記事で紹介した勉強法を
実践してみてください。

8割突破に必要な勉強時間は?

サブタイトル横の()内に目安の勉強時間は
記載しておきました。

()内の時間でも4〜5ヶ月ですが
6、7月あたりから徐々に始めていけば
負担になることなく終えれると思います。

また本格的に勉強を始める前に
ある程度の知識も備えていることを
考慮すると

最短で2〜3ヶ月あれば
間に合うと思います。

しかし、後になって焦って勉強するより
他教科のことも考えて
ある程度ゆとりを持って
勉強するのが良いでしょう。

まとめ

勉強の順序
①系統地理編で徹底的にインプット

②地誌編で地図帳を活用し知識を整理

③アウトプット本で答えを導く過程を学ぶ

④過去問を解きまくる

ここまで完璧にこなせば
地理での高得点は間違いありません。

8割以上を叩き出し
志望校合格を掴みましょう。

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

厳選した勉強法をまとめました!

LINE@限定コンテンツ配信中!

LINE@では、どうしても行きたい大学がある生徒や、
一度は諦めた志望校を再び目指したいが、
偏差値50前後でくすぶっている生徒を対象に、

偏差値55以上を確保し、難関大への土台を築くための
限定コンテンツ(電子書籍・動画)を無料で配布しています。

本質を意識をした勉強法、受験に欠かせないメンタルを
成績が確実に上がるようにプログラムし電子書籍にまとめました。

上記のLINEにもある通り、実際に偏差値を5上げた人が
続出している画期的なコンテンツとなっています。

また、LINE@では受験相談や勉強の質問が可能となっています。
予備校や学校にはできないサービスで成績を上げましょう。

LINE@登録で学べること

・合格する人のメンタル
・確固たる勉強習慣の作り方
・どんな状況でも集中する方法
・一生使える勉強法
・勉強効率を最大化する方法
・受験相談、勉強の質問
・YouTubeの最新動画通知(不定期)

などなど、多岐に渡り配信しています。

友達追加後に自動メッセージでPDFファイルが
送られてきます。
何か入力しなければならないことは一切ありません。

【じゅんからのお願い】
質問・相談する際は現在の状況を
細かく教えて下さい。
良いアドバイスには良い質問が必要です。
思考停止状態の質問には
お答えできませんのであしからず。

 

【下記のボタンから友達追加できます】

友だち追加

ボタンを押しても
追加できない方はこちらのQRコードを
読み込むか、ID検索で追加できます。

ID:@ctf6469j

上記の他にも
・YouTube最新動画情報
・ブログ記事更新情報
・オンライン個別指導塾のご案内
など多岐にわたって配信していきます。

受験相談やメンタルの相談にも
頻繁に返信していますので
いつでもご相談ください。

※高校生を対象としているため中学生への返信は行っておりません(例外あり)

コメントを残す